長い歴史の中で人々に愛され続けている伝統ある商品を、安心いただける そらみつ ブランドとしてお届けします。

そらみつ とは、やまとにかかる枕詞で、万葉集の冒頭の句にも登場します。

こも(籠)よ みこも(美籠)よ ふくし(堀串)もよ みぶくし(美堀串)もち
この丘に 菜摘ますこ(娘) 家のらせ 名のらせ
そらみつ 大和の国は おしなべて 我こそおれ
しきなべて 我こそおれ 我こそは のらめ 家をも名をも

雄略天皇が野で菜を摘む娘に家と名前を尋ねる